【剣盾S14最終925位】サイクル時々つるぎのまい

最終925位の記事ですが、こんな記事でも何か参考になるものがあればと思い、書くことといたしました。

f:id:Yoku:20210201204653j:image

〈構築経緯〉

サイクルが好きなので、【サイクルを回しつつ隙を見てどこからでも奇襲できる構築】をコンセプトに構成しました。まず環境TOPのサンダーに強く、サンダーを引かれても交代先に負荷をかけられるりゅうのまいバンギラスを採用。バンギラスが特に相手したくない、ゴリランダー・ウーラオスカミツルギに後投げするためサンダー。この2体では、エースバーン・ウオノラゴンに不安があるため、上からタイプ一致弱点技をうてる&こだわりトリックによる行動の制御も狙えるという点で、こだわりスカーフカプ・レヒレ。この3体を基本選出にするつもりで組んだ。受けてばかりでは幅広く勝ち筋を見つけにくい思い、残り3体はサイクルも回せつつ突破力のある枠を選んだ。物理受けがサンダーのみでは心もとなく、エースバーン・ドサイドンドリュウズこの辺りを意識して、ランドロスつるぎのまい持ち)。カプレヒレラグラージ・ヌオー等の耐久のある水タイプの処理がやや困難と感じ、ゴリランダー(つるぎのまい持ち)。アーゴヨンウツロイドにボコボコにされそうなので、ドリュウズつるぎのまい持ち)。気付けばつるぎのまい持ちが3体もいたが、このような経緯で構築が決まった。

〈個体紹介〉太文字上昇補正 ×下降補正

 

f:id:Yoku:20210201205421j:image

バンギラス たべのこし→じゃくてんほけん すなおこし 

努力値 H124  D164  S220   ようき

191 ー154ー130ー✖ー141ー119

りゅうのまい⇨有利対面で積む

ばかぢから⇨悪ウーラオス・ポリゴン2・ナットレイへ打つ。ダイナックルにもなる

ロックブラスト⇨サンダーへの岩技。りゅうのまい後、ミミッキュの上から化けの皮剥がし+その後も最低1回はダメージが入る点がを評価し連続技のロックブラスト採用

れいとうパンチ⇨ランドロスや草タイプへ

・S+1で最速カミツルギ抜き

・A+1馬鹿力で耐久無振りウーラオス(一撃)が99.4%〜117.7%※砂ダメ1回入ると倒せる。

選出画面でバンギが積む隙のありそうなポケモンがいたら積極的に出した。

有利対面で舞って、出てきたスカーフ以外の悪ウーラオスを馬鹿力で倒すという流れがとれた時は爽快です。序盤~中盤までは「たべのこし」を持たせ、れいとうパンチ→ステルスロックでしたが、順位をあげていくにつれ、ステルスロックを使うタイミングがなく、やたら受けだしされるHBランドロスが憎かったため、れいとうパンチに変更。更に中盤以降によく当たったアイアンテールポリゴン2に強くするため、じゃくてんほけん型に変更。育成時は特殊耐久をなるべく高く保ち、素早さラインは+1で最速100族抜きまででいいか迷ったが、サンダーを受けるのなら耐久は充分足りていると判断し、特殊耐久を素早さに回してS+1で最速カミツルギ抜きにした。1回りゅうのまいしただけでは、エースバーンを抜けないので注意。有利対面でもりゅうのまいせず、そのままの攻撃をするという選択肢をとったりもした。 

 

f:id:Yoku:20210201205432j:image

サンダー ゴツゴツメット せいでんき

努力値 H244   B220   S44 ずぶとい

196ー✖︎ー146ー145ー110ー126

ぼうふう⇨ダイジェット用

ボルトチェンジ⇨サイクルを回すため

ねっぷう⇨カミツルギナットレイ意識

はねやすめ⇨HP管理

持ち物はアッキのみ・あつぞこブーツ・ゴツゴツメットでコロコロ変えていたが、カミツルギ・ウーラオスの襷を潰せることがこの構築では重要と判断し、最終的にはゴツゴツメットで使っていた。耐久型のサンダーはS+1で最速エースバーンまたはアーゴヨン抜きで素早さライン126〜129あたりになると思うが、個人的にはS+1で最速エスバが抜ければいいと思うので実数値は126。あんまり耐久を削るとウーラオスを受ける際、技の乱数がガラッと変わるので注意したい。

 

f:id:Yoku:20210201204959j:image

カプ・レヒレ こだわりスカーフ ミストフィールド

努力値 B4  C252 S252   おくびょう

145ー✖ー136ー147ー150ー150

ムーンフォース⇨火力・命中安定の一致技

なみのり⇨火力・命中安定の一致技

れいとうビーム⇨4倍弱点相手や、苦手な草タイプへ

トリック⇨ナットレイポリゴン2 の交代に合わせて決めた。その他、技を固定させることによって裏の積み技持ちの起点にできる

最速ドラパルトを抜きたいので、最速で採用しました。準速ウーラオスより1早い。多分スカーフレヒレのテンプレ?余り努力値4をDに振っていたが、最終日いじっぱりこだわりハチマキウオノラゴンのえらがみに飛ばされてからBに振り直し、乱数12.5%⇨6.2にした。

 

f:id:Yoku:20210201205002j:image

ランドロス(霊獣) オボンのみ いかく

努力値 H252  A76  B156  D4  S20  わんぱく

196ー175ー143ー✖︎ー101ー114

じしん⇨火力・命中安定の一致技

そらをとぶ⇨ダイジェット用

いわなだれ⇨地面・飛行技の通りが悪い相手に(主にサンダー)

つるぎのまい⇨抜き性能を高める。

相手の物理に後出しして、いかくで起点を作り舞ったら次のターンジェットで抜いていきます。

 Aー1 いのちのたまエースバーンのキョダイカキュウをオボンのみ込みで2回耐え。

準速バンギラス抜き。

S+1で最速ウツロイド抜き。

 A+2で耐久無振りダイマサンダーをダイロック+砂ダメ1回で確定。がんせきふうじではダイロックの威力が落ちてしまい倒しきれない。調整が結構ハマりクッション・エースの両方をしっかり努めてくれた。

 

f:id:Yoku:20210201205008j:image

ゴリランダー いのちのたま グラスフィールド

努力値 H28  A252 B4 D36 S188   いじっぱり

179ー194ー111ー✖ー95ー129

グラススライダー⇨本構築唯一の先制技

はたきおとす⇨交代読みで決める。火力アップアイテムや回復系を叩いて、その後のサイクルを有利にする。

ばかちから⇨ポリゴン2ナットレイ

つるぎのまい⇨抜き性能を高める。

サイクルで消耗させた相手をグラスラの一貫で抜いていく動きが強い。つるぎのまい後、サンダーと対面した際、天候ダメがあったら素早さ判定をして行動を決めていた。S129という数字は耐久振りのサンダーだったら、Sを128くらいまでしか振ってないだろうという予想の元、上から攻撃できるようにするため。

A+2 になると

馬鹿力でHBきせきポリゴン2 確定

フィールド有りのコランダでHBサンダーがダイマ切られてなければ確定。

    

 

f:id:Yoku:20210201205016j:image

ドリュウズ オッカのみ すなかき

努力値 H60  A252 B4  D44 S148   いじっぱり

193ー205ー81ー✖ー91ー127

じじん⇨火力・命中安定の一致技

いわなだれ⇨ダイロック用。

つのドリル⇨受け系のごまかし。ダイアタックにして一貫をとったり、S操作する動きができた。鋼技を欲しい場面もあったが、つのドリル採用により救われた試合が多かったため結果的に良かったと思う。

つるぎのまい⇨抜き性能を高める。

サンダー・アーゴヨンウツロイドがいたらほぼ選出した。持ち物はとつげきチョッキも視野に入れたが、ダイウォールが欲しかったのと、つるぎのまいを採用することにより抜き性能がグッとあがると思ったため。炎技の保険でオッカのみにした。

おくびょういのちのたまサンダーのダイジェットに受けだした後、ダイバーンをこちらもダイマックスを切ればオッカが発動し耐えます。返しのダイロックにより、すなかきでS関係を逆転させ、次も上からダイロックで倒す。という流れをとってました。

 

 改めて、この記事から何か少しでも参考になるものかあれば幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました。

S15の環境がどうなるか検討つきませんが、新環境も楽しんでいきましょうー!!